プレゼンテーション上手で仕事が楽しくなる。話し方が武器になる――共鳴発声法によるプレゼンテーション研修レッスンのボイスアカデミー
プレゼンテーション初級編

はじめに
  1. プレゼンテーションが怖い
  2. なぜプレゼンテーションが下手なのか
  3. プレゼン上手とプレゼン下手が逆転する


第1部 デリバリー
  1. デリバリーとコンテンツ
  2. 動作(ビジュアル)と話し方(ボーカル)
  3. ノイズ除去(癖を取り除くとフォーカスできる)
  4. 動作の基本
  5. ジェスチャー(数、位置、程度、動き、強調)
  6. よくある癖
  7. アイコンタクトは長めに
  8. 話し方──言葉、声
  9. 言葉の癖
  10. 短文化とは
  11. 言い切る
  12. 間(ま)には2種類ある
  13. 「。」「、」を言うつもりで話す
  14. プレゼン上手は抑揚(強弱、高低、速さ)がうまい


第2部 コンテンツ
  1. シナリオを作る(言語戦略的シナリオで相手の状態を変化させる)
  2. 資料に書きすぎない(情報の圧縮)
  3. キーワードを工夫する
  4. 資料にも「間」(余白)
  5. PREP法、SDS法
  6. Q&A(相手が抱きそうな疑問を洗い出す)
  7. ビジュアルエイドの作り方、使い方(スライド、PC、ビデオ、OHP、ボード、ポスター)
  8. オープニングテクニック(問題提起、事実提示、現状看破)で引き込む
  9. タイトルを工夫、冒頭の一枚にこだわる
  10. 質疑応答は「質問→感謝→回答→確認→まとめ」
  11. 質問が来たら、仕分ける
  12. 1分間プレゼンテーションで練習しよう







プレゼンテーションが怖い


  • 今度のプレゼンがうまくいくか心配
  • 頼まれたスピーチの日が迫ってくる
  • 人前で話すのがとにかく苦手
  • プレゼンの研修は受けたけれど、なかなか思うように……
  • 話し上手な人がうらやましい


プレゼンテーションやスピーチなど、人前で話すのが苦手という方はたいへん多い。

言語戦略研究所の調査では80%以上が「人前で話すのは得意ではない」と答えています。公益財団法人日本生産性本部も77.2%という数字を発表しています。

つまり約8割の人が人前で話すという行為に苦手意識を持っているわけです。

「プレゼンテーション」と呼べるほど正式な場でなくても、職場の朝礼スピーチが億劫だったり、式典のスピーチなど頼まれた日にはもうとりあえず断る口実から考えるほどでしょう。

「部下の前で恥さらしになるのがつらい」とこぼす方もいます。

「プレゼンは苦手だ嫌いだと謝って済んだ頃はまだマシでした。部下がいる立場となった今、いつも偉そうなことを言って叱る私が、プレゼン本番の失態を部下に慰められる屈辱といったら──」

人前で話すシーンがそうとう大きなストレスになっている様子が、痛いほどひしひしと伝わってきます。

わかります。すごくよくわかります。

でも、大丈夫です。必ずプレゼン上手になれます。こうしてプレゼンテーションを指導している担当研修講師の私が、以前は話し下手だったのですから。

方法さえ教われば、スピーチ下手、プレゼン下手だった私が数々の本番をこなして成功させ(失敗もたくさんありましたが……)、自分がプレゼンをするだけでなく、いつしかプレゼンテーション研修で教える講師になっているのですから、人生ってわからないものです。



なぜプレゼンテーションが下手なのか


私自身の話をしましたが、プレゼンテーション研修の指導を受け始めた頃、下手だった理由が初めてわかりました。

  1. プレゼンの研修を受けて方法を教わったことがない
  2. 声の出し方さえ知らなかった
  3. 練習の場がなかった

「下手な理由が三拍子そろっている」と言われました。できなくて当然ですよね。

でも逆に、この三拍子が期待のもとでもありました。

研修で基本を教わったこともないのだから、できなくて当たり前。声だってジェスチャーだっておかしくて当たり前。

基本を押さえたら、いきなり立ち位置から変わります。第一声の出し方もわかります。

喉が痛くならない発声も身につき、毎回の練習で着実にうまくなっていきます。

「ただ数をこなしていく」だけでなく、「積み重ねになっていく」のが実感できます。自分が成長していくのを実感するのは、本当にうれしいものです。

基本は大事だな、と痛感した頃でした。



プレゼン上手とプレゼン下手が逆転する


「人前でしゃべるのは慣れているから」と、突然の指名にもかかわらず準備もなしで堂々と話せる人がいますね。

でもよく見ると、研修やスクールで習って基本をきちんと押さえて伸びてきたタイプと、場数を踏んでいるうちに「人前で話すのが平気になった」タイプがいます。

「経験重視の度胸試し」みたいなプレゼンテーションは、うまくいけば拍手喝采ですが、大きく失敗することもあります。当たり外れが大きいんですね。

方法を教わって練習を積み重ねたタイプは、大きく外しません。安定感があって、相手を安心させるプレゼンができます。だからプロとして信頼されるのです。

もし今あなたがプレゼンテーション研修を受け、基本を押さえて練習を始めたら、身近にいるプレゼン上手なあの人と、やがて逆転するでしょう。

楽しみですね。応援しています。



新潟校の研修会場はこちらです


さあ、新潟市でプレゼンテーションの研修を受けましょう。

日時:2017年12月17、24日(日) 両日とも16:00〜19:00
会場:フェルマータ2階
料金:10,000円(2日分です)
住所:新潟県新潟市中央区上近江2-92-1
電話:025-290-7227


※お申込みは下のフォームからお願いします。
※受講料の振込先を記したメールが届きますので、講座の1週間前までにお振り込みください(振込手数料はご負担をお願いします)。
※2日間のコースです。1日だけの受講はできません。

【プレゼンテーション講座お申込みフォーム】
姓: (フリガナ:
名: (フリガナ:
メール:
電話:


※プレゼンテーション研修会場のフェルマータカフェは、JR新潟駅の南口から笹出線をまっすぐ西へ向かったところです。
※駐車場は会場前に何十台分もあります。


バルコニー席もある、気持ちいい会場です。



大きな地図で見る


(赤い星印が研修会場です)



プレゼンテーション - 受講料 - 講師紹介 - Q&A - お申込み - お問合せ